投資と簿記の関係について

traders妻です。
今年仕事を辞めて無職の期間、簿記を勉強しました。

なぜ私が簿記を勉強したかったのか。それは偏に「財務諸表を読めるようになって投資で稼ぎたい!」からでした。

そんな私が思う、投資と簿記の関係について書きたいと思います。

簿記ができると投資に有利なのか?

私が簿記を知らない時、簿記を勉強すれば財務諸表とか読めるようになるんじゃないか、そうすれば投資ももっと根拠をもってできるんじゃないか。そんな風に思っていました。

実際、そうだったのでしょうか。

簿記って結局なに?

簿記とは貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書など、株主や金融機関をはじめとする社外の利害関係者に業績を把握してもらうために提出する資料を作るためのルールです。

どんな取引が行われた時にどう記録し、それは財務諸表上どう表れるのか。
この利益は、この資産は財務諸表上どこに記載されるのか、またその意味はなんなのか。

簿記をやっていると、それを理解できるレベルで財務諸表を読むことができます。

投資のために簿記は何級まで必要?

ではそのレベルで財務諸表を読むためには、何級まで必要なのでしょうか。

簿記検定ってそもそも、企業の営業取引や経営活動を帳簿に記録する技術を習得するのが目的で、財務諸表が読めるようになりたいだけ。というのとは、方向性が少し違うんですよね。(当たり前か)

なので試験に受かるためには「絶対投資に必要ないだろう!」みたいな細か~いところまで覚えなきゃいけません。

といっても、3級では簿記用語を覚えて大まかに仕分けするのに精いっぱい。
財務諸表を読むのに必要な株式会社の純資産や税金、連結会計は2級の範囲になります。

私はさらに財務分析とキャッシュフロー計算書も少しかじったのですが、この辺は2級でもカバーされていませんでした。おそらく1級の範囲になるのでしょうか。

何級まで必要か。といわれると、簿記の中で投資に必要な知識は1~2級に横断してあるけど、それぞれ級を取るほど全部を勉強する必要もない。というのが結論です。

traders妻は2級まで取りました。
無職だったので時間があったということと、やり始めたら案外面白くてハマってしまったことと、2級持ってたら「簿記勉強しました!」って言えるかなと思って。

ちなみに経理の実務経験は全くありません。

簿記は投資に活きている?

はい、活きています!といいたいところですが、実際その知識を使ってそんなに利益にはつながっていないので、志半ばな感じです。

ただ、簿記をやったことで投資に対する理解力が格段に増した。ということは確実に言えます。

例えばROEとROA。
簿記をする前は何回説明を読んでも理解できなかったのですが、今ではROEの分母が自己資本で、それが何を意味するのかとか、変にROEが高い理由とかも財務諸表から読み取ることができるようになりました。
ROAでも分子を当期純利益にすること、事業利益にすること、経常利益にすることの意味とか、ROAと安全分析も同時にした方がいいこととか、そもそも安全性分析とはなんぞやとか。

これらは簿記の授業で習うことではないのですが、簿記の知識があることでウェブに書いてあることが理解できるようになりました。

きっと私は、簿記をしていなければ、同じ文章を読んでも全く理解できなかったと思います。

簿記を投資に活かすためには

財務諸表が自分で読めるようになって、投資する前に財務諸表にもざっくり目を通すようになりました。
そこで思ったのは・・・・。財務状況がとてもいいのに、株価が下げてる会社がある!!という事実。

そうなんです。
株の値段って財務状況だけでは決まらないんですよね。

私は財務諸表からはその企業本来の価値を読み取ることができない。
投資家の思惑や期待、市場の過熱度、機関投資家の動き、株価を決める様々な要素は、結局わからない。
その会社が未来どうなるのかはわからない。

株で利益を残そうと思ったら、やっぱりこれらのことがわからないと難しいんです。

でも財務諸表を読むことで、その企業の姿勢や財力は少しですがわかります。
投資の判断材料の全てにはなりませんが、一部にはなりそうです。

もっともっとたくさんの会社の財務諸表と株価を見ながら、様々な要因を観察しながら、自分なりの法則を見つけることで簿記の知識を投資に活かしていけたら。今はそんな風に思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました